【 商工会議所の案内 】

2019年度基本方針

更新: 2019年04月01日


 

 地域の経済は、人口減少、少子・高齢化に伴う市場の縮小、深刻化する人手不足、人件費の上昇、さらに働き方改革なども加わり経営環境は非常に厳しく、中央の景況の実感には至っていない。

  このような状況の中、石岡商工会議所は昨年度、「地域経済の活性化と中小企業の活力強化」を基本として種々事業を展開してきた。

  本年度は、5月1日に新天皇の即位、9月末には茨城国体の開幕、10月1日に消費税率が8%から10%へ引上げ、そして10月末には現役員議員の任期が満了し新たに第23期の役員議員を選任するなど大きな節目を迎える重要な年である。

  石岡商工会議所は「会員が基本」の理念のもと、行政並びに関係機関と密なる連携を保ちなら、会員並びに地域社会からも「信頼され、頼りにされる商工会議所」を目指し、本年度、次の6項目を重点事項に掲げ、役員・議員・事務局は一体となって積極的な活動を展開する。


 


【重点事項】


1.意見・提言活動の積極的展開とその実現化

 中小企業や地域の意見を政策に反映させるため、国や関係方面への提言・要望活動を迅速、強力に行う。また県、市に対しても、重要課題や地域経済の活性化のために取り組むべき施策について提言しその実現に努める。


 

1.魅力ある地域づくりと地域活性化の推進

  行政と連携してプレミアム付き商品券事業をはじめ積極的に地域活性化事業を展開し魅力ある地域づくりに努める。さらに、石岡一高の甲子園出場で得た「石岡」の知名度を活用するとともに、茨城国体で来石する選手・役員並びに関係者を「おもてなし」の心で迎え、石岡の魅力・情報を発信し、交流人口の増加を図りに、ひいては定住人口の増加に努め地域活性化を推進する。


 

1.コンパクトで賑わいのあるまちづくりを目指した中心市街地活性化事業の具現化

  コンパクトで賑わいのあるまちづくりを目指し官民一体で取り組む「石岡市中心市街地活性化基本計画(第2期)」に基づき、当所の役割を果たすととともに、蠅泙遡ね茲い靴かの経営・運営支援を行ない、計画具現化のため事業を推進する。


 

1.中小・小規模事業者への経営支援の強化

  従来の「経営改善普及事業」に併せ、5か年計画で国(中小企業庁)の認定を受けた「経営発達支援事業」(4年目)により厳しい経営環境に置かれている小規模事業者を伴走型で継続的に支援するとともに、創業支援、事業承継支援などに全力で取り組む。

  また、本年10月に予定されている消費税率引上げに対しては、「消費税軽減税率・転嫁対策相談窓口」(日商委託事業)を設置し、中小・小規模事業者が円滑な価格転嫁と軽減税率導入に伴う国の施策への対応が図れるよう積極的な支援を行う。


 

1.商工会議所の組織・財政・運営基盤の強化

 役員・議員・事務局が一体となり、会員増強と共済制度の加入促進に取り組み、地域総合経済団体である商工会議所の組織、財政基盤の強化に努める。また活動の基本的な柱である部会、委員会、青年部、女性会活動の活性化に努め運営基盤の強化を図る。

 さらに会員メリット創出のため、会員目線による積極的な事業活動を展開するとともに、工会議所事業活動をきめ細かに周知し「成果の見える化」を図る。

 そして、職員の更なる資質向上を図り、商工会議所の事務局機能強化に向けて不断の努力を行う。


 


1.任期満了に伴う役員・議員改選

 役員・議員改選を円滑に進め、商工会議所が将来にわたり安定した運営ができる体制を整える。

                             



お問い合わせはこちらへ
石岡商工会議所
住所. 〒315-0013 茨城県石岡市府中1-5-8(業務時間8:30〜17:15)土・日・祝日・年末年始閉館
TEL. 0299-22-4181   FAX. 0299-22-6321
E-mail. kaigi@ishioka.or.jp
石岡産業観光ナビ
石岡の恋愛成就スポット
商工会議所を知ってもらうキャンペーン
石岡商工会議所 入会のご案内
経営安定特別相談室
各種景気観測データ
雇用情報
地域金融情報

ビジネス支援

茨城県商工会議所
検定試験
BCP事業計画
商取引支援サイト「ザ・ビジネスモール」
個人情報漏えい賠償保険
商工会議所ライブラリー