【 会頭のあいさつ 】

会頭挨拶

更新: 2018年04月01日

 わが国経済は、「アベノミクス」開始から5年が経過し、需給ギャップがプラスに転じ、課題であったデフレからもほぼ脱却したと思われます。さらに景気拡大局面も高度成長期の「いざなぎ景気」を超えるなど明るい動きが広がりつつあります。しかし、地方ではその実感は薄く、建設業等を中心に、人手不足、原材料の高騰など経営環境は厳しく、さらに人口減少、少子高齢化等の問題で市場が縮小するなど不透明感が漂っています。

 石岡商工会議所ではこのような状況の中、商工会議所活動の基本である地域経済の活性化と中小企業の活力強化を「会員が基本」の理念のもと、事業計画に沿って積極的に取り組んでまいりました。

 本日ご審議をいただきます、平成30年度事業計画(案)は、各部会や委員会の協議を経て、冷水豊国委員長の運営委員会の下で、商工会議所を取り巻く環境、実施した事業の成果並びに課題を検証して立案され、収支予算も限られた財源の中で事業が円滑に遂行できるよう立案いただき、常議員会の承認を経て上程するものです。

 平成30年度は特に大きな目玉はなく、重点事項についても、昨年同様の5項目を掲げ、事業を展開していくことと致しましたが、意見要望活動については、毎年継続して行うものの、大きな成果が得られていないのが現状です。そこで、要望を短・中長期的に時間軸で整理し、さらに焦点を絞って要望を行い、会員の皆様にその成果を報告し「成果の見える化」に努めていく所存です。

  

 平成30年3月27日(第125回通常議員総会会頭挨拶より)


石岡産業観光ナビ
石岡の恋愛成就スポット
商工会議所を知ってもらうキャンペーン
石岡商工会議所 入会のご案内
経営安定特別相談室
各種景気観測データ
雇用情報
地域金融情報

ビジネス支援

茨城県商工会議所
検定試験
BCP事業計画
商取引支援サイト「ザ・ビジネスモール」
個人情報漏えい賠償保険
商工会議所ライブラリー