【 会頭のあいさつ 】

会頭挨拶

更新: 2017年04月07日

 わが国経済は、「アベノミクス」による大胆な金融政策、財政政策によりデフレ脱却まであと1歩までの感があり、さらに東京オリンピック開催による建設投資の増加、観光需要の期待感から、中央では、景況の持ち直し感があります。


 しかし、地方ではそのあおりを受け、人手不足、原材料の高騰、さらに人口減少、少子高齢化に伴う市場の縮小で、経営環境は非常には厳しく、不透明感が漂っています。


 石岡商工会議所ではこのような状況の中、「会員が基本」の理念のもと、商工会議所活動の基本である地域経済の活性化と中小企業の活力強化を事業計画に沿って積極的に取り組んでまいりました。


 本日ご審議をいただきます、平成29年度事業計画(案)は、各部会や委員会の協議を経て、冷水豊国委員長の運営委員会の下で、商工会議所を取り巻く環境、実施した事業の成果並びに課題をもとに限られた予算の中で事業が円滑に遂行できるよう収支予算(案)を含め立案いただき、常議員会の承認を経て上程するもので、


 


1.意見・提言活動の積極的な展開とその実現化


2.魅力ある地域づくりと地域活性化への取り組み


3.コンパクトで賑わいのあるまちづくりを目指した中心市街地活性化事業の具現化


4.中小・小規模事業者への経営支援の強化


5.商工会議所組織・財政・運営基盤の強化


 


の5項目を重点事項に掲げ、積極的に事業を展開することとしました。


 平成29年度も事業推進の基本は「会員」であり、会員目線で事業に取り組んでいきます。そして商工会議所が将来にわたり安定した運営ができるよう、組織・財政の強化に積極的に取り組み、さらなる会員メリットを模索してまいります。そして行政はじめ他団体等との連携を強化し、地域活性化の足掛かりを創ってまいります。


 


 平成29年3月28日(第123回通常議員総会会頭挨拶より)










石岡産業観光ナビ
石岡の恋愛成就スポット
商工会議所を知ってもらうキャンペーン
石岡商工会議所 入会のご案内
経営安定特別相談室
各種景気観測データ
雇用情報
地域金融情報

ビジネス支援

茨城県商工会議所
検定試験
BCP事業計画
商取引支援サイト「ザ・ビジネスモール」
個人情報漏えい賠償保険